肌荒れの悩みにおすすめの化粧品

肌荒れの悩みにおすすめの化粧品 ≫ 肌荒れは化粧品選びで大きく違う!自分にピッタリの肌荒れ対策コスメ

肌荒れが酷くて、化粧品を変えようかな?って口コミなどで探してみると、肌荒れにおすすめの化粧品っていろいろあってどれを選べばいいか?迷ってしまいますよね。

季節の変わり目などホルモンバランスが崩れたりすることでお肌荒れが起こりやすくなるのですが、特に空気が乾燥しやすい時期というのは、肌荒れを引き起こし、それが元でニキビや吹き出物、さらにはしみ、シワなどが出来やすくなるので、スキンケアには気をつけたいところ。

やはり、肌荒れケアには、肌荒れの状態に合った化粧品を使うのが一番!

特に、肌荒れしたお肌というのは、非常に敏感ですから敏感肌の方でも安心して使える化粧品を選びたいですね。

美容液クラスの美容成分が配合された化粧水やセラミドなど高保湿ケアができるもっちり肌に導いてくれるクリームは雑誌などでも評判です!

肌荒れを引き起こす大きな原因の一つが゛お肌の乾燥”です。

今は、乾燥が厳しい冬場だけじゃなく、夏でも汗をかいているのでわかりづらいですが、その汗のしたのお肌は、からっからに乾いた状態ということで夏場でもお肌の乾燥ケアをしないとその時は問題なくても、夏が終わり秋になってくるとそのダメージが一気に噴き出して、肌荒れが加速することもあります。

そんな乾燥からお肌を守るには、とにかく自分のお肌にあった化粧水を正しく選ぶということが大事になってきます。

肌荒れしてしまうお肌というのは、普通に生活しているだけでも影響を受けて水分を奪われてしまいます。

肌荒れしたお肌は、もともとお肌のバリア機能が低下しているので、水分をたっぷりしれても、すぐに蒸発したりしますし、乾燥状態を放っておくと、外部からの刺激によって炎症を引き起こしたりするので、とにかくマメなケアが必要です。

バリア機能が弱くなったお肌の隙間から水分が蒸発

肌のきめが乱れる

ターンオーバーが乱れる

古い角質などがお肌にのこりガサガサ状態に

さらにお肌の水分が蒸発

という負のスパイラルに陥ってしまうので、一刻も早く乾燥をケアしてあげることが大事です。

では、化粧水を選ぶうえで大事になることはどういうところでしょうか?

一般的には、セラミドなど保湿成分がたっぷり入って、浸透力の高いものを選ぶべし!となっていますが、それはそれで大事!

それにプラスするポイントとして゛水”をいうのも大事になります。

化粧水って、水ってついているように、基本的に成分の80%は水!なんですよね。
なので、配合されている水がどのようなものなのか?というのも大事です。

最近の肌荒れ用化粧水の中には、水にこだわって作っているものも出てきています。
皮膚が薄いとかお肌のバリア機能が弱くて赤ら顔で悩んでいる人専用の化粧水なんかもあります。

バリア機能が弱いので、お肌が敏感で肌荒れもしやすいという方のために、保湿力に優れた化粧水になっていて、白漢しろ彩とかulu 化粧水なんかも人気になっていますね。

また、お肌の毛細血管の流れをよくする働きもある炭酸がはいった炭酸水を使ったものなども人気ですね。

あと珍しいところでは、海洋深層水を使った化粧水なんかも人気です。

 

肌荒れに効果的なスキンケアのポイントは、洗顔と保湿。
まぁ、よく言われていることなのですが、洗顔に関しては、とにかく、肌をこすらないようにして洗うことがポイント。

肌荒れしたお肌を何とかしたくて、ついついゴシゴシ顔を洗ってしまいがちですが、ぬるま湯ですすいで汚れを落とし、たっぷりと泡立てた洗顔料をのせて、泡を転がすようの洗い、洗顔料が残らないように、きちんとすすぐことも重要。

すすぎ終わったら、タオルで拭くのではなく、押さえるようにして水を取っていきます。

洗顔後はすぐに化粧水などで保湿します。
洗顔後のお肌というのは、実はとっても水分が奪われた状態。
だからすぐに保湿をしてあげないと、シワやシミはもちろん、乾燥することで肌荒れ、ニキビなどにも繋がってしまいます。

お風呂上りや洗顔後すぐににお肌のお手入れできない!ってことであれば、最近はオールインワンジェルなどそれ一つで簡単にお手入れ、保湿などができる化粧品がたくさん発売されていますので、そういうオールインワンジェルなどを使ってケアするのもいいですね。

もちろん、オールインワンジェルにもいろいろな商品があるので、しっかり保湿ができる成分が配合されているもの、そして、その保湿成分がしっかりお肌の内側まで浸透して、バリア機能を強化できるものを選ぶようにしたいですね。

化粧水を使う時は、手の平で押さえるようにつけていくとしっかり浸透するそうですよ!

是非、試してみてくださいね。

肌荒れ対策には温活化粧品もおすすめ

肌荒れに効果的なスキンケアとして、血めぐりを良くして温めるという、いわゆる温活的なスキンケアも効果的です。

体温が下がることでお肌の代謝も悪くなってきますし、冷えなどで血流が悪くなれば、当然、細胞に届けられる酸素や栄養がスムーズに行き届かなくなるので、そういう意味でもお肌を温めるというのは効果的といえます。

温活というと、温かい飲み物とかメラメラ系成分のサプリを飲むってイメージがありますが、最近は化粧品でもホットクレンジングジェルなどお肌を温めるスキンケアアイテムが増えています。

また、血流をよくする!ということでは、芸能人にも愛用者の多い“炭酸コスメ”も効果的です。

炭酸は、血流をよくしてくれるのでお肌を温めるということでも抜群の効果を発揮してくれます。

炭酸化粧品は、化粧水や美容液、洗顔などいろいろな種類があります。

すべてそろえるというのではなく、一部のスキンケアを炭酸化粧品に置き換えてみる!というだけでも全然違いますし、持ち運びできる炭酸ミストなら、お出かけ先でも気になったときにシュッシュッって化粧の上からでも吹きかけて使えるのでおすすめですよ!

 
肌荒れが気になる年代っていうと、これまでは30代以降の女性ってイメージだったんですが、最近は、10代、20代でも肌荒れに悩んでいる子って多いんですよね。

20代も、いわゆるお肌の曲がり角なんて言われる年代になれば、急激に肌の力が弱くなってしまったりして、今まで特に問題のなかった肌荒れに悩まされたりすることがあります。


20代後半になると急激にお肌の調子が悪くなってくる!ことがあります。

自分では、今までと何か違った生活をしている感じはないんだけど、お肌はやっぱりダメージを受けていて、それがお肌に出始める年代になってくるんですよね。

そういうこともあってか、女性ファッション誌とかでも若い人向けの雑誌でも肌荒れケアの特集を組まれることって多くて、読者の関心も高いみたいですよ。

肌荒れ、20代での悩みというと、やっぱり肌荒れしてお肌に潤いがなくなる、ハリがなくなってくるなどいろいろありますいが、そのどれも乾燥というのがポイントに。

なので、しっかりとお肌を保湿してあげることが、より長くぴちぴちのお肌をキープするためのポイントになります。

そのためには、多少お財布には厳しいですが、今のお肌の状態にあった化粧水など化粧品選びが大事になります。

ファンデなども、デザイン的なイメージだけで選ぶのではなく、お肌への負担とかお肌が元気に呼吸できるか?などを考えながら選ぶ、つけるようにしたいですね。
肌荒れしたお肌って、敏感だから洗顔もササッと水ですすぐだけ!で良いんじゃない?って思っていたんだけど、それって肌荒れしたお肌には、あまりよくないみたい。。。

やっぱり、しっかりと汚れを落とさないと、それが毛穴に詰まったり、肌の上で酸化してしまって、肌トラブルの元になるみたいですからね。

できれば、乾燥して敏感になっているお肌に負担にならないような、敏感肌でも使えるような洗顔料を使って肌荒れケアしたほうがいいようですよ。

特にお肌の皮脂を必要以上に奪い取らず、毛穴の汚れなどはしっかりとれて、洗い上がりがしっとりとした保湿できるような洗顔料がおすすめみたいです。


肌荒れしたときの洗顔料選びで気をつけたいのは、お肌への刺激が少ない、そして必要以上の皮脂を奪わないということ。

荒れしたときに、余計なことはしない!ということで、洗顔も水ですすぐ!ってことしかしないって人もいるみたいですが、やはり洗顔はスキンケアの基本。


美容家の方たちも仰っていますが、正しい洗顔方法でやることが大事みたいです。
ただ、洗いすぎというのは絶対NG!

特に、力を入れてゴシゴシ洗うのはお肌を傷つけてしまうし、擦ることで炎症を起こしてしまうので、肌トラブルの元になってしまいます。


おすすめの方法としては、しっかり洗顔料を泡立てて、泡をのせて擦らずとにかく優しく汚れを浮かすように洗う。 そして、ぬるま湯でしっかりすすぐ!しっかりすすぐ!ここが大事。



すすぎ残しがあると、そこから肌トラブルになったりシミの元になりますからね。 最後に清潔なタオルで押し当てるように水気を吸い取るようにします。
タオルで拭くときもついついゴシゴシ拭いちゃいそうですが、最後まで優しく優しく!

 

Copyright © 2018- 肌荒れの悩みにおすすめの化粧品